OTTAVA

OTTAVA(オッターヴァ)もまた音楽ジャンルを絞り込んだクラシック専門のインターネットラジオで、他とは一味違った変わった放送形式を採用していますね。それは「コンテンポラリー・クラシック・ステーション」という方式。サビ単位や楽曲単位でオンエアするというもので、世界中で注目を集めているラジオ放送のフォーマット。「コンテンポラリー・クラシック・ステーション」は1992年にイギリスで開局したラジオ局ClassicFMがシステム(なんだかややこしい?ようするにいい音でラジオが聴ける方法なんですね。mp3よりもCDの法が音質いいし、midi音源よりもwaveの法が音質は優れているのと同じといえばわかるでしょうか?)もちろん無料での視聴が可能ですから安心です。まだ新しい方式で、OTTAVA(オッターヴァ)はTBSラジオ&コミュニケーションズが07年の4月から日本版を開局したもの。クラシックアーティストの楽曲を積極的にオンエアしている番組として注目を集めている。CD並みの音質が売りになっていることからクラシックというジャンルにも相性がいいのかもしれない。今後OTTAVA(オッターヴァ)の成功いかんによってはネットでの視聴方式やダウンロードする音源のクオリティさえ左右する?なんていうのは言いすぎでしょうか?現在よりも優れた音質でありながらデータの容量は減少し、しかも無料!といった方式が登場していくのではないでしょうか?
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4005896
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!