アフロ・ビート

アフロビート(Afrobeat)とは強烈な政治的/音楽的パワーを集結させたサウンドで音楽のジャンルの1つ。
アフロ・ビートといえば浮かんでくるミュージシャンはこの人しかいないでしょう。アフロ・ビートの神ともたたえられる存在フェラ・クティ。1960年代後半の音楽シーンに登場し、いまや伝説と化しているミュージシャンがフェラ・クティ。
アフロ・ビートというジャンルはファンク、ジャズ、ブラックミュージックの流れを汲む力強いドライヴ感に溢れるリズムが特徴といえ、この手のブラックミュージックの聞き手の感想にはよくありがちな「ごきげんなビート」というフレーズがよく似合う。
ヨルバ/ナイジェリア起源を持つアフリカの音楽をアフロ・ビートと呼んでいる。

アフロ・ビート(Afrobeat)を代表するミュージシャンたちをおさらいしてみましょう。

○アフロ・ビート(Afrobeat)を代表するミュージシャン1
Fela Kuti(フェラ・クティ )
前述しと通り、アフロビートの神とも言われる存在Fela Kuti(フェラ・クティ )は60-70年代のアフリカンファンクを世界中に広めたといっても大げさではない偉大なるアーティスト。
アフロ・ビート、音楽を通じてアフリカの解放運動を導き、政治社会にも大いなる影響を与えた。
日本に音楽ジャンルというもの自体が成熟しないのはこうした背景の違いがあるからであろうか。
フェラ・クティ は1997年エイズにより他界している。

○アフロ・ビート(Afrobeat)を代表するミュージシャン2
Femi Kuti(フェミ・クティ)
フェラ・クティの実の息子

○アフロ・ビート(Afrobeat)を代表するミュージシャン3
Antibalas(アンティバラス)
モダン・アフロビート・シーンの頂点に君臨するのがAntibalasアンティバラス。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4076970
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!