AOR

日本の音楽業界での音楽ジャンルわけにおいては、AORは大人向けのロックという意味で使われる場合が多いですね。

あくまでロックを基調にした音楽のスタイルでありつつも、ジャズやソウルのロックという音楽にはないコードやリズムの要素だったり、ファンクやフォークのメッセージ性、さらにはブラジル音楽などの、音楽ジャンルを超えたエッセンスを織り交ぜたものがAORを位置づけされることが多いようです。

AORの音楽的ポイントはバックの楽器演奏とメインのボーカルそれぞれのバランスが50:50であることもその音楽要素に含まれています。

ここでいうロックというくくりには3コードで展開されるビート主体の音楽のことをさしています。

それに対するAORは簡単に言うならばよりオシャレな味付け(例えばコード進行は重要な音楽エッセンスでしょう)に仕上げた、聞かせる音楽といえます。

無駄を省き洗練された音をゆったりと鑑賞するというのがAORという音楽ジャンルに与えられたイメージといえます。BGMとして使用される機会も意外におおい音楽ジャンルのようです。


AORの名盤をあげるならば、ボズ・スキャッグス/シルク・デグリーズ
や、NIGHTWINGのISLAND HOLIDAY(ハワイの名グループが日本向けに編集したAORアルバム)、DAVID ROBRTSのALL DRESSED UPといった作品が浮かんできます。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4196628
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!