テクノ

テクノ (techno) といえばその音楽の作られ方にまずは特徴があり、、電子楽器のシンセサイザーやシーケンサー、ドラムマシン、サンプラーといった楽器がテクノの楽曲製作に使われる。
電子楽器で作られた音楽、テクノは簡単にいえば反復するメロディ、リズム、ハーモニーが展開される音楽で、繰り返される音にテクノファンは陶酔を味わうわけだ。
テクノの発祥はデトロイトとしており、1980年代、アメリカのシカゴ・ハウスと呼ばれているブラックミュージックをベースに広まっていった。テクノは従来のハウスに上記したシンセサイザーやシーケンサー等の電子楽器を使った反復されるビートをあわせることで人気を得ていった。ダンスミュージックとして発展を遂げるテクノはリスニングテクノといった音楽性も生み出していく。
そのほかの音楽ジャンルであるロックやヒップ・ホップ、ジャズ、クラシック、民族音楽などのあらゆる音楽ジャンルの持つ要素を取り込んでテクノ音楽は大きな音楽ジャンルへと育っていく。
いっぽう電子楽器による音楽が盛んなドイツやヨーロッパでも90年代にテクノは発生している。

テクノを代表する日本のミュージシャンといえば、「東洋のテクノ・ゴッド」との異名をもつケン・イシイやピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成した石野卓球、日本を代表するDJであると同時に、世界でもっとも評価の高いDJのひとりでもある田中フミヤなどが有名で、海外ならばケビン・サンダーソン、ホアン・アトキンス、デリック・メイ、ジェフ・ミルズあたりだろうか。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4263773
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!