音楽dvd cd mp3記事一覧

CD・DVDのリッピング

CDリッピングとは、容量の大きな音楽CDのデータをパソコンに取り込む作業をさしています。このときCDのデジタル音声データをPCで処理できるようにファイルの形式を変換してあげなくては音声データは膨大な量になってしまいます。CDアルバム1枚で大体700MBもの容量が必要になりますから、パソコンに保存するにも限界が出てきます。そこで、普通取り込んだCDの音声データは(WAVEファイル)圧縮処理を施すのが一般的です。代表的な音声の圧縮フォーマットである「MP3形式」ならば約10分の1くらいまでに小さくできるため、ネット上のダウンロードやメールへの添付も可能になるほどのサイズに押さえることができるようになります。
このリッピング(ripping)とエンコードと呼ぶ形式変換を一緒にしてくれるソフトのことを「リッピングソフト(ripping soft)」とか「リッピングツール(ripping tool)」と呼んでいます。

リッピングをした音楽データは理論上は音質も劣化することなく、専門家が聞き比べたとしても違いを見つけるのは困難です。しかしながらリッピングの環境によってはノイズがはいったり音楽を聴いていて音飛びがすることもたまに発生します。

一時期発売されてクレームの嵐だったコピーコントロールCDはリッピング音楽のデータがCD-Rに焼かれ、インターネットにばら撒かれ、音楽レコード会社の売り上げ低下に直撃したためでした。

リッピングは何も音楽CDに限った話ではなく、DVDのコピーにも言えることで、コピーガードを潜り抜けてしまうことも可能ではあるが、音楽などにおける著作権には気を使う必要があるわけです。
こうしたリッピングソフトは無料で手に入るので一応紹介しておきます。
「DVD Decrypter」はDVDを丸ごとハードディスクにコピーできるフリーのリッピングソフトですし、「DVDFab Decrypter」はリッピング・バックアップソフトはさらに進んだ新型のコピーガードやプロテクトにも強いリッピングバックアップソフト。
DVDの圧縮リッピングなどもできる多機能なフリーのリッピングソフトでは「DVD Shrink」などもあります。
こうしたリッピングソフトは無料のソフト提供サイトで手に入ります。
今週はどうなった?音楽ランキング

AACとは?

AACは、MP3やAC3の開発にかかわっている企業団体のDolby Laboratories、Fraunhofer(FhG)、AT&T、ソニー、Nokiaの各社が参加するMPEG標準化団体によって開発されましたもので、簡単に噛み砕いていうならば、無料ダウンロードや音楽の配信技術、デジタル化が進む放送技術にあわせて開発されました。

従来のフォーマットとしてまだまだ威光をはなつ存在のMP3などよりもはるかに高いレベルの圧縮効率を持つのがAACです。

AACが利用されているものでいえばiTunesがあげられます。
iTunes Music Storeで販売されているすべての音楽で、デスクトップやiPodでの再生にAACが使われているのは底まで意識しない方後おいかもしれません。

非圧縮した状態のCDオーディオの音質にせまるクオリティをコンパクトな携帯でも実現を可能にしたのがAACですね。
音楽を周波数で語るのはアナログな人間にとっては片腹痛い話なのですが、最高96kHzのサンプリングレートによる高解像度オーディオを提供しています。

ああ、音がいいシステムできたんだなあとでも思っておいてください。
録音といえばkセットテープだった時代に登場したMDはすごく音質がいいな、という状況と似ているかもしれません。

AACという圧縮技術の機能比較テストにおいては様々な検証結果が出てきています。そのどれもがすばらしいもののようです。いくつかの例を挙げていきましょう。

1.AACを使って圧縮したオーディオデータをオーディオの専門家に確認したところ、区別がつかないという評価を得ているとのこと。

2.AACを使って96kbpsで圧縮したオーディオ対MP3、128kbpsで圧縮したオーディオの音質を比較する場合、その音質はAACの方にぐう倍が上がります。圧縮率の高さが伺えるデータとなっています。
今週はどうなった?音楽ランキング

mp3とは何か?

mp3とは何か?解説していきましょう。

MP3についてはわたしもMIDI検定という少々マニアックな資格を取得する際に得た知識で、簡単に言えば、MP3は音声ファイルの圧縮形式のことです。

○MP3読み方 「エムピースリー」
MPEG Audio Layer-3の略です。

○MP3の概要
mp3で音声ファイルを圧縮することで本来大きなデータ量になってイしまうはずの音楽データをより少ないデータ量で保存することが可能になってきました。パソコンで音楽を簡単にダウンロードできるようになった今、MP3はもはや欠かせない形式となっています。
CD-Rって700MB位の容量がありますよね?
通常の音楽CDのアルバムは大体10から15曲くらいですから、圧縮しない音声データの容量は1曲約50MBにもなります。
パソコンに音楽を取り込むとなるとかなりのハードディスクの使用量があるわけです。
無料ダウンロードでもできるとなると、ついさくさくと多くの曲をダウンロードしたくなってしまいますね。
そうするとパソコンのハードディスクはいっぱいになってしまいますから圧縮してmp3として取り込むことがいいわけです。

mp3の技術を使うと音質をほとんど劣化させることなくファイルの大きさを約1割にまで小さくできます。簡単に言えば1曲がだいたい5MBになります。

○MP3の仕組み
人間に聞こえない周波数の音をカットして圧縮していますので、MDと同様に音質がそう変わらないのが特徴です。
(人間の耳に聞こえる音での話ですが)
CDと聴き比べても音質はそう変わらない上にMDに比べてディスクが不要な分かさばらず、経済的で効率的なため一気に普及してきました。

○MP3の問題点
不要な部分、聞こえない部分とはいっても音楽の心に与える部分というのはまだ科学的に解明されたわけではないでしょう。もしかしたら余計だと思われているノイズの部分には脳に働きかけるのもがあるのかもしれません。音は波ですからこの波を人力でいじることによって本来の音楽の力が低下するのではないのか?という危惧もあります。まあこの問題に関してはCDでも同様なのですが、MP#のようなお手軽な音楽が発展するのと逆説的にライブなどのアナログな音楽、体で浴びる音楽というものも貴重ものになっていくのではないでしょうか?
音楽家としてはそう望まざるを得ません。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!