音楽療法記事一覧

音楽療法士の行く末

音楽療法士という職業が注目を浴び始めています。
音楽を聴く、いいメロディを聴く・よい歌に触れるという行為は心が洗われ活力が出るものですね。
音楽は考えたら人間が二足歩行し始めてからの付き合いですから、心が豊かになるという表現は間違いのはずはないのですね。
音楽療法の概要を専門的に解説すると、音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用することとあります。
音楽をただBGMとして流すだけでもリラックスや楽しみ、ストレス発散の効果などは一般人でも考えられるものですが、音楽療法では音楽を媒介に、認知症(痴呆症)高齢者、精神障害者、交通事故などによる脳障害後遺症を持つ患者、脳性まひや小児まひ、自閉症児・者に対してコミュニケーションを図っていくのが音楽療法の役割です。
簡単に言えば音楽を治療に使えないか?
ということですね。

コミュニケーションができなくなっている患者に対して音楽的アプローチ、例えば演奏を聞かせる、歌を唄ってみることによってリハビリ効果を狙う音楽療法士はしっかりと日本音楽療法学会などが認定している民間の認定です。

音楽療法士はまだ国家資格ではありませんので、音楽療法の資格の認知度も、音楽療法自体の成果についての認知度もまだ高くないものですが、音楽それ自体の歴史というのはもう誰もが認めざるを得ないものです。まだボランティアの域を出ていない音楽療法士の資格ですが、これから広がっていくだろうと思われる職業ですね。

個人的に考える音楽療法の課題ですが、資格云々でなくても有名ミュージシャンのライブを目の当たりにしたときの患者には何らかの反応がありそうなものです。好きなシンガーの歌を聴かせる時には脳に対して大きな影響があるような気がします。
(病気の子供にプロの野球選手がホームランをプレゼントするかのごとく強い訴えかけが期待できると思うのですが)
音楽療法の課題はこのあたりに感じています。
音楽療法士の能力いかんにかかわらず、個人の好みの音楽は存在しますね。わたしなら一番好きなミュージシャンのほうがたとえそれが最もすばらしい音楽といえないものだとしても心に響くはずだからです。
治療の道具以前に音楽のすごさと言うものを体感しているものとしては音楽療法士のレベルというものには興味が尽きませんね。
もちろん期待を込めたのはなしですが。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!