音楽雑誌

音楽雑誌の簡単な紹介です。音楽ジャンルや楽器の種類ごとに実にたくさんの音楽雑誌が出版されています。

○Arena 37℃ (アリーナサーティセブン)
毎月瞬なアーティストの情報を写真を田プリマ字得て紹介している音楽雑誌。
○AudioAccessory(オーディオアクセサリー)
出版社は音元出版。AV機器とオーディオの総合マガジン@使いこなしAアクセサリーなどによるクオリティアップBシステムの買い換えによるグレードアップ、という3原則をもとに記事を構成する音楽雑誌。
○AVレビュー(AV REVIEW)
同じく出版社は音元出版。デジタルAV+ホームエンターテインメントマガジン。ちょっとこだわるAVファン向け。
○BRIDGE(ブリッジ)
大物ミュージシャンを特集で紹介したり、実力派ミュージシャン、新鋭ミュージシャンのロングミーインタビューは圧巻で読み応えのある音楽雑誌。
○C - Japaneseque Rock Collectionz -
出版社はエイジアハウス。ジャパネスクロック+ヴィジュアルスタイリング情報誌Cureの集大成
○CDジャーナル
新譜CDに関する情報チェックならここ。音楽出版社 から発行。タレントよりも音楽(CD)・映像(DVD)・オーディオ(ハード)を中心にした音楽雑誌。
○CURE(キュア)
インディーズロックバンドを中心にカラーページ満載の音楽雑誌。
○HiVi(ハイヴィ)
ステレオサウンド社発行の音楽情報誌。デジタルAV、ホームシアター製品のガイドに強い。
○INROCK (インロック)
若い層向きの洋楽音楽の雑誌。アーティストインタビューも必見。
○jazzLife(ジャズライフ)
ジャズプレイヤーの支店で構成されたジャズの専門誌。スコアも充実している。
○LOUD(ラウド)
クラブミュージック情報誌で出版社はエクストラ。クラブシーンの音楽情報を知りたい人やDJは要チェック。
○movement
ストリートダンス・HIPHOPやR&Bなどのブラックミュージック・ストリートファッションなどに焦点をあてた音楽にとどまらず流行を先取りするフリーペーパー。
○NEWS MAKER(ロックンロールニューズメーカー)
様々な音楽、ミュージシャンの情報を掲載している音楽マガジン。
○OC ORIGINAL CONFIDENCE (オリジナルコンフィデンス)
いわずと知れたオリコン。アーティストヒットチャートだけではない。
○PROSOUND(プロサウンド)
サウンドクリエイター必読の音楽録音、音響などに関する音楽情報誌。
○ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)
日本の音楽シーンを知り尽くしたいならこの雑誌。インタビューも深い。
○rockin’on(ロッキング・オン)
洋楽の流行や思想をチェックしたならはずせない音楽雑誌。
○Senka21
オーディオ&ビジュアルとホームシアター業界のすべてがわかる専門情報誌。音元出版
○SHOXX (ショックス)
ヴィジュアル系アーティストの写真や印tビューが中心の音楽雑誌。
○SOUND DESIGNER (サウンドデザイナー)
作曲や録音テクニックを知りたい人にはバイブルとなる音楽雑誌で音楽の製作現場の特集なども。
○StereoSound(ステレオサウンド)
オーディオ専門の雑誌としては大手の季刊誌。音楽をリッチに楽しむために。
○The Clarinet (ザクラリネット)
クラリネットの唯一の専門誌。それ以外の音楽にもふれて読みやすい。
○The Flute (ザフルート)
フルートの音楽専門誌。レッスンや模範演奏もある。
○The SAX (ザサックス)
ジャズ&クラシックプレイヤーへのインタビューも満載のサックス専門の音楽雑誌。
○TONE (トーン)
さまざまな視点から音楽をきる音楽雑誌。
○Wind-i (ウインドアイ)
スコア譜付きの管楽器情報誌。アルソ出版。
○アナログ(analog)
アナログ機器、管球アンプ、スピーカーなどを取り上げるオーディオ誌。よい音楽を聴く環境を提供。
○おぱーる世代
大正琴の音楽雑誌。鈴木音楽産業より出版している。
○カラオケONGAKU
演歌・歌謡曲の情報、カラオケ大会の情報などが豊富な音楽雑誌。
○クラシックジャーナル
クラシック音楽の評論をする音楽雑誌。名盤を聞きたくなったら。
○サラサーテ
バイオリンやチェロといったクラシックの弦楽器の音楽専門雑誌で出版社は酣燈社から。
○ショパン(CHOPIN)
ピアノのレッスンをしている人や音大生、ピアノ教師、ピアノ演奏家をターゲットにしたピアノ専門の音楽雑誌。ピアニストのコンサート情報もあり。
○スイングジャーナル(Swing Journal)
ジャズ音楽の専門誌で国内、国外問わず過去のジャズミュージシャンを振り返る。
○ストレンジデイズ
最新のミュージックシーンにとどまらずく、音楽のルーツやそしてそこから派生したロック、ポップスという風にいい音楽を取り上げて、徹底検証していく手法は頭が下がる音楽雑誌。
○バンドジャーナル
吹奏楽部員ならみんな読んでいそうな音楽専門雑誌。
○プレイヤー
とにかくギター1本で通すエレキギター愛好家の必読書。
○ホームシアターファイル
映画館を家に!という希望がある人はいいかも。
○ムジカノーヴァ
ピアニストへのインタビューや演奏会のスケジュール、楽譜ありの曲の解説など、ピアノ情報・知識がたっぷりの音楽情報誌。
○モーストリー・クラシック
月刊誌。クラッシック音楽専門の音楽雑誌。
○ラティーナ (LATINA)
ラテン系、ワールドミュージックの情報を得られる音楽雑誌。
○レコード芸術
クラシックCD・LD・ビデオの総合情報を伝える音楽雑誌。
○ローリングストーン
融合しがちなファッションと音楽の発信をする音楽雑誌。
○音楽と人
出版社はUSEN。音楽と人は多くのアーてゅストのインタビューが記事構成の軸。音楽と人に掲載するインタビューはミュージシャンの人間性を確かめるのにもためになる。音楽を深くしうrのにこれほどいい音楽ざし異はない。まさにコンセプトは音楽と人。
○音楽の友
国内外で行われる主要なコンサートについてはほとんどのっている音楽雑誌。
○歌謡曲
路上シンガーや演奏家に愛される譜面の膨大な数が売りの音楽雑誌。新譜の音楽の楽譜もついていてうれしい。
○隔週刊 青春のうた ベストコレクション
デアゴスティーニ・ジャパンが発行する音楽雑誌。雑誌にはCDもセット。
○隔週刊ゴールデン・ポップス
名曲を時代背景とともにCDとマガジンで紹介していく音楽雑誌。
○楽譜DTP
コンピュータ楽譜制作の専門というマニアックな音楽雑誌。
○管球王国
ヴィンテージ・スピーカーやアンプの魅力をつたえるオーディオ専門の音楽雑誌。
○教育音楽 小学版
小学校音楽教師のための音楽教育・指導情報誌
○現代ギター
クラシック・ギターの専門誌なのでエレキギターをがんがん弾きたいギターマニアにはあわないかも。という音楽雑誌。
○日本のうた こころの歌 CD付き
日本と世界の名曲600曲を解説するCD付の音楽雑誌。
○邦楽ジャーナル
古典、現代曲、ポップスなどを伝える音楽雑誌。
今週はどうなった?音楽ランキング

ADLIB(アドリブ)

音楽雑誌は購入しなくてはいけないため無料の音楽情報とはいえないかもですが、立ち読みするって手もありますか。音楽出版社も大変でしょうから買いましょう。というかADLIB(アドリブ)はそのボリュームを考えるととても読みきれません。

スイングジャーナル社が出版している音楽雑誌『ADLIB (アドリブ) 』は毎月発売の月刊誌。

ADLIB(アドリブ)の内容は特に若い音楽ファンに興味を待たせるような人気の音楽やフュージョン、アダルト・オリエンテッド・ロック(AOR)、ソウル/ブラック・コンテンポラリー、ニューエイジ/ワールド・ミュージックなどを紹介する音楽生活情報誌となっていて、一般音楽情報誌と比べると読みやすさよりも読み応えという感じで、流行ばかりを追わず音楽雑誌のあるべき音楽の内側、外側を細かく知ることのできる音楽雑誌となっています。NEW DISC(新譜紹介)なども音楽CDを買うときの参考になる。

ADLIB(アドリブ)という言葉の意味は台本や楽譜などにない、即興のせりふ・演技や演奏などをさして、もともと音楽でジャズシーンで使われていた言葉からもわかるようにジャズフュージョンにも詳しい。
今週はどうなった?音楽ランキング

アコースティック・ギター・マガジン

アコースティック・ギター・マガジンは季刊誌でアコースティックギターに興味がある方には長お勧めの音楽雑誌です。
石川鷹彦さんや中川イサトさん押尾コータローさんといったアコースティックギター界のおおものたちが数多く登場し、ギターの奏法解説やギターの構造・メーカーの新作ギターの批評など、満載の音楽雑誌。

音楽雑誌にありがちなCDランキングやテレビ、ライブ情報といったものにはあまり触れていませんが、お勧めギターの紹介や音楽業界で活躍するミュージシャン・ギタリストへのインタビューもボリューム満点で、普段知ることのない製造方法や管理方法など実践に役立つ演奏家目線にたった音楽雑誌ですね。

アコギに特化した音楽雑誌ですからアコースティックギターに興味を持っているギタリストにとっては行き届いた情報が得られるアコースティック・ギター・マガジンは押さえておきたいですね。
教則本としても十分使えます。
CD特集なんかもあり、ギターの音を確認できるのはうれしい限り。
特集では人気のあるアーティストが登場することがあります。
過去にはミスチルやチャゲアスなど、アコギを演奏するミュージシャンがトップを飾ることもありまして、そうした際にはもしも好きなミュージシャンが出ているときはギターに興味がなくても他の音楽雑誌では聞けない話も聴けるので買っても損はないですよ。

アコースティック・ギター・マガジンの連載セミナー&コラムでは有名ギタリスト、リペアマンによる奏法解説やコラムが展開しています。

アコースティック・ギター・マガジンで連載している方々
吉川忠英/岡崎倫典/打田十紀夫/吉田次郎/内田勘太郎
中村善郎/アーヴィン・ソモギ/寺崎誠

毎回新作から人気のアコースティックギターまでカタログを掲載していて、プロのギタリストが試奏した感想をコメントしてくれているアコースティック・ギター・マガジンは必ずチェックしてます。
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!