音楽 著作権記事一覧

著作権とは

音楽を始めとする著作物には、著作権というものがあります。
無数のインターネット上の情報に関しても同様に著作物としての権利が発生していますから文章や写真の無断使用は禁じられているのです。

著作権をきちんと踏まえたうえでインターネット上の楽しみを満喫して欲しいものです。ここでは著作権に関する解説をしていきましょう。

著作権というものは、「知的財産権」と呼ばれている権利のひとつで他には特許権・商標権と呼ばれる産業財産権もこの「知的財産権」に含まれています。
特許や商標登録がされている商品、またはロゴなどを見たことは誰にでももあることでしょう。申請していないとマネされちゃう!位の認識でしょうか?
この産業財産権(特許権・商標権)は産業や経済の発展を目的としている制度であるのに対して、「著作権」は大きなくくりでいうところの「文化の発展」を目的としています。
この著作権は音楽をはじめとするクリエイティブなもの、例えば音楽の歌詞・メロディ・楽曲、絵や小説、映像作品である映画、コンピュータに関するプログラムなどもこの著作権で保護されている著作物となっています。

著作権法では著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」(著作権法第2条1項)と定義しています。

あまり知られていないことですが、日本では著作権は特許権などと異なり、権利の取得にあたって登録の必要はありません。
著作物を創作した時に自動的に権利が発生します。
(つまりアマチュアミュージシャンであっても例えば無料音源を使って音楽楽曲を作ったりしたら、完成した時点で著作権も発生しているということですね)
「著作権」を噛み砕いていうならば、音楽などの著作物を利用したいなあと思ったときには製作者、著作権者が利用を認めない限り使用は認められないということです。(許諾権といいます)
もしくはそうした申し出があった場合にも著作権者は使用を禁止することもできます。
ただ例外もあり、「私的使用のための複製」などは著作権法で認められていますから、家でコピーしたCDを聞いたりする分には著作権侵害には当たりません。
(でないとレンタルCDはダビングできないということになっちゃいますね)

参考:日本音楽著作権協会(JASRAC)
今週はどうなった?音楽ランキング
音楽無料サイトHOMEへ この記事をクリップ!